サイトマップお問合わせ
エコシステム株式会社
コラム


タコに申し訳ない エコ暦58年2月27日


タコのデートこの写真のタコさんは、ユーモラスか?

下のタコの死骸の写真は、このコンテストの審査員の感性をして、写真を撮った者の「ユーモラスな感性」が発揮された写真であるという。

果たしてそうか?
タコを食してきた人間としての、タコの命に対するうしろめたさはないのか?
食さなくてもいいタコという存在を食し、生命を奪っていることに対するうしろめたさはないのか?
人間は、いつになったら地球生命に対する謙虚さを持てるのだろう。

ネィティブアメリカンの土地に対する9月11日の攻撃では、生命の大切さが叫ばれた。しかし、もう一方では、その人間達が大量の牛や豚や魚を食いちらかし、彼らの命を奪い尽くしている。多くの子どもを生み、人口を増やし、自分のことしか考えない。そして、増えた家族で食いちらかし、増えた家族にとって快適な生活であるより大きな消費を求めては地球を汚染する。彼らにとって地球上の命はどうでもいい。自分たちの欲望が満たされれば、いいのである。その一つの現れが、「ユーモラスな感性」と賞賛する写真である。

Copyright (C) 2004-2009 ECO SYSTEM Co.ltd .All Right Reserved.

         プライバシーポリシー会社案内リンク